お金の参考書

【感想まとめ】バビロン 大富豪の教え【まず収入の10分の1を貯金する】

バビロン 大富豪の教え」を読んだのでレビューです。

原本は約100年前(1926年)にアメリカで出版され、未だに世界中で読まれ続けているお金に関する良書で、日本でもベストセラーとなっています。

「バビロン 大富豪の教え」は、お金の貯め方を知りたい人は絶対に読むべきです。

なぜならこの本には、「目先のお金を得るための小手先のテクニックではなく、お金を堅実に貯めていくための本質的な考え方」が書かれているから。

例えば、

お金持ちとは、お金を持っている者ではなく、お金の増やし方を知っている者だ

など、考えさせられるセリフが散りばめられています。

また、「黄金に愛される七つ道具」「五つの黄金法則」など、現代の我々にもすぐ使えるテクニックが解説されています。

お金の本質を知るために、ぜひ読んでみてほしい一冊です。

つる
つる
ほぼ全編がマンガなのでサクッと読めますよ!
この本を読むべき人
  • 生活が苦しくて貯金ができない人
  • 毎月の支出管理ができてない人
  • 堅実にお金を貯められる方法を知りたい人

この本を読めば、「どうしたら堅実にお金を貯められるようになるのか」の具体的な考え方を身に付けることができます。

考えてみてください。紀元前の国の教えが、21世紀の今でも読まれてるんですよ。それはつまり、この本に書かれている本質が、多くの人に認められ続けてるってことじゃないでしょうか。

それでは、古代バビロニアから伝わるお金の本質を一緒に学びましょう!

『バビロン 大富豪の教え』の概要と構成

バビロン大富豪の教え(バンシル)主人公のバンシルを中心にストーリーが展開されます
著者ジョージ・S・クレイソン
出版社文響社
初版発行2019/10/8
ページ数462
読むのにかかる時間45~60分

 

本の構成
  • 第一章 バビロン一の大金持ち -なぜ同じように働いているのに、貧乏人と大金持ちがいるのか?-
  • 第二章 学びの殿堂 -大富豪だけが知っている「黄金に愛される七つ道具」-
  • 第三章 試練 -価値があるのは、金貨が入った袋か、知恵が詰まった袋か?-
  • 第四章 帰還 -賢者の助言によって、貯金が懸命に働きだす-
  • 第五章 ザ・ウォール -「守るべきもの」があるから人は何度でも立ち上がれる-
  • 第六章 奴隷だった男 -己の心は「奴隷」のものか、「自由民」のものか-
  • 第七章 伝承 -はるか昔の借金返済記録が、現代人を救う-
  • 第八章 王子の商隊 -なぜ人は働くのか。それは金のためではなかった-

武器商人の息子で貧乏人のバンシルが、バビロン一の大金持ちアルカドから様々な知恵を授かり、貧乏人から金持ちへと成り上がっていくストーリーです。

全部で八章から成り立っていますが、重要なのは第一章から第四章

第四章までで、我々が学ぶべきお金のエッセンスが全て吸収できます。

つる
つる
とはいえマンガなので最後までサクッと読めますし、ストーリーも面白いので途中では止められません笑
この本を読めばわかること
  • 「お金持ちとは何か?」の定義がわかる
  • お金持ちになるためにはどうすべきか、具体的な7つの手順(黄金に愛される七つ道具)がわかる
  • お金を貯められない人の具体例もわかる
  • お金を貯めるために守るべき5つの姿勢(五つの黄金法則)がハッキリする

ここからは、特に重要な黄金に愛される七つ道具について解説していきます。

スポンサーリンク

我々がすぐに使うべき「黄金に愛される七つ道具」を解説

バビロン大富豪の教え(アルカド)アルカドによる「黄金に愛される七つ道具」の講義

黄金に愛される七つ道具とは、下記の通りです。

  1. 収入の十分の一を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯えた金に働かせよ
  4. 危険や天敵から金を堅守せよ
  5. より良きところに住め
  6. 今日から未来の生活に備えよ
  7. 自分こそを最大の資本とせよ

順番に紹介します。

収入の十分の一を貯金せよ

1つめは、「収入の十分の一を貯金せよ」です。

もっと言うと、先取り貯金をしなさいということ。

先取り貯金とは、

「今月はこれくらい使ったから残りを貯金に回そう」

ではなく、

「まずこのくらい貯金して、残りで生活費をやりくりしよう」

という考え方です。

たった十分の一の貯金で金持ちになれるか!」と言われそうですが、生涯年収2億円の人が十分の一を貯め続けたら、定年までで2千万円貯まります。大きくないですか?

これに年金(自営業は国民年金、会社員は厚生年金)も加われば、将来の備えには十分なはずです。

まず先取り貯金から始めましょう!

欲望に優先順位をつけよ

2つめの教えは「欲望に優先順位をつけよ」。

収入の十分の一を貯金に回し、残りの十分の九の中で「自分にとって本当に必要なものだけにお金を使おう」という話です。

人によって優先順位は違うと思いますが、例えば

  • 今入っている保険は本当に必要?
  • スマホは格安SIMでいいかも?
  • 服にお金かけすぎかな?

など、改めて見直すと、実は不要な支出・安くできる支出があるはずです。

一度、大まかでいいので毎月の支出をじっくり見直してみましょう。

貯えた金に働かせよ

3つめは「貯えた金に働かせよ」。

言い換えると、働いた分だけお金がもらえる「労働者マインド」ではなく、お金がお金を稼ぐ仕組みを作る「投資家マインド」を身に付けよ、ということです。

もちろん、会社やアルバイトでお金を稼ぐことは重要です。

ただそれだけではダメ。なぜなら働けなくなったらお金が入らなくなるから。

収入の一部を貯めて、そのお金をコツコツ投資や運用に回し続けることが、実はお金持ちになるための近道なのです。

つる
つる
ただもちろん、生活に支障が出ない余剰金でやる事が大切です。だからこその「収入の十分の一」ですね

危険や天敵から金を堅守せよ

4つめは「危険や天敵から金を堅守けんしゅせよ」。

つまり、甘い話に乗るなということです。

例えばTwitterで、「一緒にビジネスをしませんか?確実に稼げますよ!」とかいうDMがたまに来ます。

そんなわけないですよね。本当に稼げるなら、なぜ他人の僕を誘うのでしょう。確実に詐欺さぎです。

もしくは銀行の相談窓口で、「投資信託を始めませんか?」という案内があったりしますよね。

お金のプロである銀行員が言うのだから大丈夫そうに聞こえますが、いったん立ち止まって、銀行とは関係ない第三者に意見を求めましょう。

きっと公平な目で「やるべきかやらないべきか」を教えてくれるはずです。

自分を守れるのは自分だけ。まずは「元金を守ること」を最優先に考えましょう。

より良きところに住め

第5の教えは「より良きところに住め」。

家は幸せな生活と密接に結びついているので、住居への投資をケチるなという教えです。

ただ勘違いしちゃいけないのは、家賃が高かったり家が広ければいいというわけではない、ということ。

例えば、

  • 会社には近いけど、家賃が高くて部屋が狭い
  • 部屋は広くて家賃は安いけど、会社には遠い

どっちが良いかは人それぞれなので、自分が家にどこまで求めるかを考えたいですね。

今日から未来の生活に備えよ

6つめは「今日から未来の生活に備えよ」。

これはあくまで「少しずつでもいいからお金を貯めていこう」という意味です。間違っても「保険に入れ」ということではありません。

保険は将来の安心を売る商売です。

例えば30人が月に1万円の掛け金を払っていれば、2人が病気やケガをして20万円出て行っても10万円は保険会社に残りますよね。

これが保険のビジネスモデルです。

大切なのは、将来の備えは自身の貯金や運用でじゅうぶん可能であるということ。

自分こそを最大の資本とせよ

最後の教えは「自分こそを最大の資本とせよ」。

金持ちのアルカドは、「勝利の女神は行動した人間にこそ微笑む」と断言します。

ここまでの教えは、知っただけでは何も変わりません。

  • 収入の十分の一を貯金し、
  • 欲に優先順位をつけ、
  • 貯めたお金を働かせる仕組みを作り、
  • お金を守ることを考え、
  • 家に正しい投資をし、
  • 今日から未来に備える

今の自分ができるところから、すぐに行動する。これこそがお金持ちになるための最速の方法です。

つる
つる
まずは来月から、収入の十分の一を貯金に回しましょう!

「五つの黄金法則」の中で重要なことはたった一つ

バビロン大富豪の教え(五つの黄金法則)五つの黄金法則。大事なのは5つめ

この本の中では、「五つの黄金法則」についても語られていますが、大事なのは5つめ。

非現実的な利益を出そうとしたり、謀略家の甘い誘惑の言葉にのったり、己の未熟な経験を盲信したりする者からは黄金は逃げることになるだろう

良い例なのが、2017年末の仮想通貨バブルですね。

一部の投資家たちが「これから仮想通貨来るよ!」「この仮想通貨が値上がりするよ!」と言いまわり、たくさんの人が痛い目を見ました(僕もその一人です)。

お金を堅実に稼ぐためには、近道などありません。甘い言葉に惑わされず、コツコツ運用しましょう。

スポンサーリンク

『バビロン 大富豪の教え』の感想まとめ

僕がこの本を読んで最も大切だと感じたのは、黄金に愛される七つ道具の中の下記2つです。

  • 収入の十分の一を貯金せよ(1つめ)
  • 貯えた金に働かせよ(3つめ)

上記2つを自分なりに解釈し、「毎月の手取りの中から一定額を運用に回す」というスタイルにしました。

つる
つる
毎月決められた金額をつみたてNISAに回しています

つみたてNISAに回す分は先に確定させ、残ったお金で生活費をやりくりするスタイルです。

あなたも来月から始めましょう。

銀行に預けるもよし、つみたてNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)に回すもよし。

つる
つる
お金は寝かせて増やすのが最も堅実です!

『バビロン 大富豪の教え』はこんな人に読んでほしい

今回は、「バビロン 大富豪の教え」についての概要とレビューをまとめました。

繰り返しですが、下記のような人にはぜひ読んでほしい一冊です。

この本を読むべき人
  • 生活が苦しくて貯金ができない人
  • 毎月の支出管理ができてない人
  • 堅実にお金を貯められる方法を知りたい人

この本を読めば、お金に関する本質的な考え方が身に付きます。

善は急げです。サクッと読み、今すぐ始められる「お金持ちになる方法」を実践しましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です