仕事と勉強

漢検2級に必ず1ヶ月で合格できる、おすすめの問題集と勉強法

漢検2級合格記事のアイキャッチ
この記事はこんな人向け
  • 漢検2級を取りたいので、手っ取り早く合格できる勉強方法を知りたい
  • なるべく時間もお金もかけたくない
  • オススメの問題集があれば教えて欲しい

この記事では、漢検2級に1ヶ月で合格できる、おすすめの問題集と勉強法を解説します。

漢検2級の対象漢字数は約2,100文字、難易度は高校卒業レベルです。

つる
つる
勉強無しでの合格はすこし難しいレベルですね。

しかし結論から言ってしまうと、漢検2級 漢字学習ステップという参考書1冊で、じゅうぶん合格ラインに到達できます。

created by Rinker
¥1,320
(2019/10/17 09:15:17時点 Amazon調べ-詳細)

さらに言うなら、この漢字学習ステップと漢検 2級 過去問題集を併用すれば、満点に近い得点も狙えます。

僕はこの2冊だけを使って、200点満点中194点を獲得しました。

漢検(成績)

僕は2冊をみっちりやったので上記の点数ですが、「漢字学習ステップ」だけでも160点は余裕で狙えます。

本記事で、問題集の使い方や勉強のコツについて解説していきます。一緒に漢検2級合格を勝ち取りましょう!

漢検2級に1ヶ月で合格できる、おすすめの問題集と勉強法

用意する問題集は、下記の2冊です。

合格点(160点)を目指すなら漢字学習ステップだけ、満点を目指すなら2冊、というイメージでOK。

なお、Amazonで本を買うなら、プライム会員(年会費4,900円)になって送料を節約しましょう!

最初の30日間は無料お試しで会員になれるので、賢く使っちゃいましょ♪

Amazonプライム会員について解説した記事も合わせてどうぞ!

\Amazonで本を買う前に!/

アマゾンプライム
30日間無料会員になってみる

1.漢字学習ステップを2周繰り返す


漢検2級 漢字学習ステップ」は、検定協会から出版されている公式参考書です。2級対象の196字を28ステップに分割して、準2級以下の漢字も交えながら体系的に学ぶことができます。

漢字学習ステップのサンプル11ステップにつき7つの漢字を学習
漢字学習ステップのサンプル21ステップごとに練習問題で実践!

まずはこの漢字学習ステップを2周しましょう。

つる
つる
1日につき2~3ステップずつ進めれば、10~15日で1周できます。

さらに途中で「力だめし」がちょこちょこ挟まっていたり、分野別の「パワーアップ問題」で部首や四字熟語を集中的に学習できますので、この1冊で2級合格に必要な知識はほとんど網羅できます。

漢字学習ステップのサンプル3数ステップごとに挟まれる「力だめし」で復習
漢字学習ステップのサンプル4「パワーアップ」で苦手分野を集中特訓!
「漢字学習ステップ」の使い方
  1. 1周目:部首を意識しつつ、前から解いていく
  2. 2周目:もう一度全て解きなおし、間違えた問題をチェック
  3. 仕上げ:2周目でチェックした問題だけを潰す

これで、合格点である160点には十分届くラインになっています。

created by Rinker
¥1,320
(2019/10/17 09:15:17時点 Amazon調べ-詳細)

2.満点を目指すなら、「漢検 過去問題集」もやれば完璧

「漢字学習ステップ」で合格ラインは狙えますが、満点を目指すなら漢検 2級 過去問題集も合わせれば完璧です。

13回分の試験を収録しており、本番形式で訓練する事ができます。

つる
つる
量は多いですが、「ステップ」をマスターしていればかなりスイスイ進められますよ!

試験形式に慣れつつ、「ステップ」には出なかった問題を潰していくイメージですね。

ここでも間違えた問題はチェックしておいて、後で再度取り組みましょう。

理想はこちらも2周ですが、時間が無ければ1周でも十分です。ただし間違えた問題は必ず後日チェックしてください。

created by Rinker
¥1,320
(2019/10/17 09:15:18時点 Amazon調べ-詳細)

「ステップ」も「過去問題集」もそうですが、絶対に1回やったきりで終わらせないこと
漢字は繰り返しの学習で定着させるのが基本ですから、特に間違えた問題は覚えるまで徹底的につぶしてください。

「ステップ」「過去問題集」を全部正答できるようになれば、ほぼ満点を狙えます。

3.常に「部首」を意識すること!

漢検2級を勉強するうえで大事なのは、全ての漢字について部首を意識して覚える事。

部首を意識できるようになると、漢字をパーツとして分解できるクセがつくので、新しい漢字を覚える時の定着度が格段にアップします。

つる
つる
「顎」は「あぎと(咢)」に「おおがい(頁)」、「貪」は「いま(今)」に「こがい(貝)」だな・・・といったイメージです。

また、部首問題は200点中10点なので配点こそ低いですが、知らないと答えられませんので、キッチリおさえておきましょう。

例えば、「袖」は「ころもへん」、「蹴」は「あしへん」あたりはわかりやすいですが、「鹿」や「斑」は知らないと正答しにくいでしょう。

ちなみに「鹿」は「鹿」自体が部首、「斑」は「ぶん(文)」です。

4.空き時間の復習に「漢字検定Web問題集」もおススメ

通学や通勤電車の中など、ちょっとした空き時間には「漢字検定Web問題集」がおススメ。分野ごとに、かなり豊富に問題が掲載されています。

もちろん無料で、会員登録なども不要。ノートに書いて学習できないシーンでも、スマホでサクッと勉強できます。

特に「熟語の構成」「部首」は一通り流すことをおススメします。

スポンサーリンク

漢検2級のレベル・出題内容・必要な勉強時間

漢検2級はどんな出題内容でどのくらいのレベルなのか?
合格に必要な勉強時間と合わせて、見ていきましょう。

1.漢検2級のレベル

漢検は10級~1級まで段階があり、さらに1級の下に準1級、2級の下に準2級が挟まるので、全部で12段階です。

対象漢字数レベル合格率
10級80字小学校1年程度約95%
9級240字小学校2年程度約90%
8級440字小学校3年程度約85%
7級640字小学校4年程度約85%
6級825字小学校5年程度約80%
5級1006字小学校卒業程度約75%
4級1322字中学校中盤程度約50%
3級1607字中学校卒業程度約45%
準2級1940字高校中盤程度約35%
2級2136字高校卒業程度約20%
準1級約3000字漢字大好き人間約15%
1級約6000字漢字マニア約5%

今回狙うのは、上から3番目の2級です。勉強ゼロでの合格は厳しいレベル。

記載した合格率は2017年度全3回の平均ですが、2級は約20%となっています。

これは「応募したけど受けなかった人」は除いていますので、実際に受検した人の中で5人に1人しか合格していないという事です。

2.漢検2級の出題内容

問題構成は毎回ほぼ固定されており、大問10問です。

試験時間は60分。200点満点中、およそ160点が合格ラインとなっています。

(「およそ」と書いたのは、回によって調整される時があるため。155点で合格の回もあります)

問題の内訳は下記の通り(難易度は僕の感覚でつけています。星が多いほど難しい)。

設問概要配点難易度
1読み30
2部首10
3熟語の構成20
4-1四字熟語 書き取り20
4-2四字熟語 意味10
5対義語・類義語20
6同音・同訓異字20
7誤字訂正10
8漢字と送りがな10
9書き取り50

3.漢検2級で重視するべきは「四字熟語」「書き取り」

大問は全部で10個ありますが、中でも確実に点を稼いでおきたいのが(4)四字熟語(9)書き取りです。

配点が、四字熟語は30点、書き取りは50点ですので、この2問だけで200点中80点を占めます。

大問1の読み(30点)が比較的易しいので、「読み」「四字熟語」「書き取り」の計110点を得点源に出来れば、かなり合格しやすくなります。

4.漢検2級合格に必要な勉強時間

もともとの漢字力にもよりますが、およそ50~80時間ほどの勉強で十分合格ラインに到達できます。

1日に1~2時間の勉強時間を確保できれば問題ありません。平日の勉強が厳しければ、休日に集中しましょう。

(補足)漢検2級の概要・受験日程

最後に補足として、漢検の概要と受験日程について、かんたんに解説します。

1.漢検の概要

漢検とは、「公益財団法人 日本漢字能力検定協会」が実施している資格試験です。つまり国家資格ではなく民間資格となっています

民間資格ではありますが、2級以上を持っていれば、入試や入社試験でアピールできる材料になります。

なんでもテレビ局のTBSさんは、内定者に対して「入社までに漢検2級を取得する」義務を課しているとか。

2.漢検の受検日程

漢検の試験は、級に関わらず年3回実施されています。

毎年2月・6月・10月頃に実施されており、試験日のおよそ1ヶ月前が申込の締め切りとなっています。

試験申込の受付自体は試験日のおよそ3ヶ月前から実施しており、インターネットの場合は下記サイトから申し込むことができます。

日本漢字能力検定 公式サイト

この記事では1ヶ月勉強での合格を目標としているので、遅くとも1月・5月・9月の頭から勉強を始めれば良いことになります。

スポンサーリンク

最後に:漢検2級を取得したら、さらに上を目指そう!

今回は、漢検2級に合格するための問題集・勉強法についてお話しました。

漢検2級合格のポイントまとめ
created by Rinker
¥1,320
(2019/10/17 09:15:17時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,320
(2019/10/17 09:15:18時点 Amazon調べ-詳細)

なお、Amazonで本を買うなら、プライム会員(年会費4,900円)になって送料を節約しましょう!

最初の30日間は無料お試しで会員になれるので、賢く使っちゃいましょ♪

Amazonプライム会員について解説した記事も合わせてどうぞ!

\Amazonで本を買う前に!/

アマゾンプライム
30日間無料会員になってみる

さらに、漢検2級合格後は上のレベルに挑戦!

漢字力を伸ばしたいなら、記憶がフレッシュなうちにそのまま準1級を狙いましょう!

準1級はかなりハードルがあがりますが、3~4ヶ月の勉強で十分合格できます。準1級にも一発合格した僕が、勉強法を全て伝授します!

漢検(テキスト)
漢検準1級に一発で合格できる、おすすめ問題集・勉強法を解説漢検準1級を受けるなら、なるべく最短でコスパ良く合格したいですよね。この記事では、オススメの問題集や勉強法、合格率の詳細について具体的に解説しています。この記事を読めば、準1級合格に必要な知識が網羅できますよ!...

--以上!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です