低糖質レシピ

【糖質オフ】「自家製サラダチキン」が異次元に美味すぎた【リュウジのバズレシピ】

サラダチキン(アイキャッチ画像)

所要時間:15分、エネルギー(1人分):453kcal

料理研究家リュウジさん(@ore825)のバズレシピから「自家製サラダチキン」を作ってみました。

結果、めちゃくちゃ美味い!

  • レンジだけで作れる
  • 市販のサラダチキンより柔らかくてしっとり
  • 買うより安上がり
  • 超低糖質

など、いいことずくめのレシピです!

味変もいろいろ楽しめるシンプルな味付けになってます。

ぜひ試してみてください!

自家製サラダチキンの栄養成分(1人分)

エネルギー573kcal
たんぱく質58.5g
脂質34.8g
糖質1.6g
食物繊維0g
塩分0.5g
つる
つる
超低糖質なのでダイエット中に最適!
スポンサーリンク

自家製サラダチキンの材料(1人分)

  • 鶏むね肉:300g
  • 塩:小さじ2/3
  • 砂糖:小さじ1/2
  • 味の素:4振り
  • 酒:大さじ1
つる
つる
鶏肉の大きさによって塩、砂糖、味の素の量を調整してください

自家製サラダチキンの作り方

作り方(簡易版)
  1. 鶏肉を常温に戻し、フォークで両面から数か所穴を開ける
  2. 両面に塩、砂糖、味の素をよくすり込む
  3. 耐熱容器に鶏肉と酒を入れ、ふんわりラップをする
  4. レンジで加熱する(600wで4分、500wで4分40秒程度)
  5. 加熱が終わったらレンジから取り出さず5分放置する
  6. 食べやすい大きさに切って完成
つる
つる
下処理をするとさらに柔らかくできます!やり方はこちら(ページ下部へ飛びます)

1)鶏むね肉300gを常温に戻し(15分程度)、フォークで両面から数か所穴を開ける

サラダチキン(下処理)

2)両面に塩小さじ2/3砂糖小さじ1/2味の素4振りをよくすり込む(分量は両面合わせて)

サラダチキン(水分を取った状態)

3)耐熱容器に鶏むね肉酒大さじ1を入れ、ふんわりラップをしてレンジで加熱する(時間は下記表を参照)。

サラダチキン(レンジ加熱後)
加熱時間200g300g
500w3分50秒4分40秒
600w3分4分
鶏肉の大きさやレンジによって調整してください

加熱が終わったら、レンジから取り出さずに5分放置する。余熱で中まで火を通すため。

4)耐熱容器から取り出し、食べやすい大きさにカットする(熱いので注意!)

サラダチキン(切る前)
断面がまだ生だったら、耐熱容器に戻して20秒ずつくらい再加熱してください

5)お好みで小ネギなどを添えて完成!

サラダチキン(盛り付け)

鶏むね肉はパサついたり固くなりがちですが、この調理法だと中までしっとり柔らかく食べられます!

サラダチキン(断面)

シンプルな味付けなので、どんな味変でも合いますよ!わさび醤油、からし、粒マスタードなど、色々試してみてください♪

つる
つる
個人的にはラー油が一番オススメです
スポンサーリンク

ポイント

鶏肉は必ず常温に戻してから調理してください。加熱時に中まで火が通りにくくなるため。
あまりに加熱しすぎると固くなってしまうので注意
レンジで加熱中に「ボンッ!」って音がする時がありますが、あんま気にしなくて大丈夫です

つる
つる
コンビニなどで買うより安いし、はるかに柔らかくて美味しいサラダチキンですよ!絶対試してみてくださいね♪

(参考)鶏むね肉を下処理してさらに柔らかく!

今回紹介した手順で十分に柔らかくできますが、下記の下処理をするとさらにしっとり柔らかく仕上がります。

鶏むね肉の下処理
  1. 鶏肉にフォークで両面から数か所穴を開ける
  2. ポリ袋に水100cc塩小さじ1/2砂糖大さじ1/2を入れ、よく混ぜる
  3. 鶏肉を入れ、空気を抜いて袋の口をしばる
  4. 冷蔵庫で3時間以上寝かす
サラダチキン(下処理2)

この下処理をした場合、元の手順の塩と砂糖はカットして大丈夫です。ポリ袋から出したらペーパータオルでよく水気をふき取り、味の素だけをすり込みましょう。

砂糖の代わりにヨーグルト塩こうじでも代用可能です
下処理の状態は3~4日間なら保存が効きます

つる
つる
超おすすめなレシピ本を↓で紹介しています♪
★★★おすすめのレシピ本集★★★

低糖質レシピから罪深いアレンジレシピまで「リュウジ式 悪魔のレシピ

使う食材がとにかく少なくて簡単!レンジで作るパスタ集は必見「魔法のてぬきごはん

冷蔵・冷凍保存の目安や献立の決め方など、ご飯づくりの参考書に最適「Yuuのラクうま晩ごはん

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です