MENU
生活お役立ち

【一人暮らし女性必見】個人情報入りの郵便物、正しい捨て方を解説

アイキャッチ(個人情報)

不要な郵便物、そのままゴミ袋に入れて捨てていませんか?

それ、とても危険です。

なぜなら悪意のある人間は、あなたが捨てたゴミから個人情報をたやすく特定できるから。

カードの明細やショップのダイレクトメールなど、あなたの名前や住所がバッチリ書いてありますよね?

「まさか自分のゴミを漁るなんて・・・」と楽観視せず、正しく安全にゴミを捨てる方法を押さえておきましょう。

今回の記事では、

  • なぜ、ゴミをそのまま捨てると危ないのか?
  • 名前や住所が書かれた郵便物の正しい捨て方

についてお話しします。

最初に結論を言ってしまうと、「塗りつぶしてカットする!」です!

郵便物をそのまま捨てるのはセキュリティのリスクが高い

ゴミ
繰り返しですが、ハガキなどの郵便物を特に気にせずゴミとして出すのはとても危険です。

あなたがゴミを捨ててから清掃業者が回収する間、ゴミを漁るチャンスはたくさんあります。

例えばあなたが夜にゴミを捨てるタイプなら、夜から朝まで漁り放題ですよね。

じゃあタワーマンションなら自分のフロアにゴミ捨て場があるから安心ですか?同じフロアの人達は、本当に信用できますか?

あなたの名前や住所が書かれた紙は、悪いことを考えている人にとっては宝の山。

悪徳な業者に情報を流したりして金を稼ぐ方法はいくらでもあります。

多少のリスクをとってでも手に入れたいほど、「情報」には価値があるのです。

危ない目にあわないために、正しいゴミの捨て方を学びましょう。

スポンサーリンク

これで安心!名前や住所が書かれた郵便物の正しい捨て方【3step】

郵便物をそのまま捨てるのは危なそうかな」という感覚は掴んでいただけたと思います。

では、簡単にできるゴミ捨ての対策を3つのステップでお話しします。

どれもネットで探すまでもなく誰でも思いつく事ですが、意外とやらない人が多い対処です。

どれか1つでもかなり安全性は上がりますが、できれば全て実施してください。

Step1 郵便物を捨てるタイミングはゴミ収集の直前

ゴミは必ず朝に捨てるようにしましょう

たいていの自治体のゴミ収集は朝なので、学校や仕事に行くついでに捨てられますよね。

単身者専用マンションなどを見ると、夜に捨てている方はかなり多いです。はい、危険です。

Step2 名前や住所などを油性マジックで塗りつぶす

マジック
郵便物の宛名にあたる部分(郵便番号、住所、名前)は徹底的に塗りつぶしてください。

それだけでも袋の外から個人情報が見える可能性が下がるので。

それ以外にも、例えば

  • ネットやカードの請求明細
  • ダイレクトメールや広告チラシ
  • テキストやノートに書いたメモ

上記のような情報は全てつぶしてください。

ただ、これだけでは弱いです。さらに下記の対策を取りましょう。

Step3-1 宛名の部分をハサミでいくつかに切る

ハサミ
おおむね塗りつぶせたら、ハサミやカッターでいくつかに切ってしまいます。

この時、Step2で潰した宛名の辺りは特にバラバラにしましょう。

あくまで「マジックで塗りつぶした上でハサミでバラバラ」がポイントです。
ハサミだけでは弱い。その手のプロにかかれば、余裕で復元可能です。

Step3-2 郵便物は全てシュレッダーで裁断する

より確実に情報漏洩を防ぎたい場合は、シュレッダーが活躍します。

「シュレッダーなんて持ってないし、置く場所ないよ」という人がほとんどだと思いますが、手動シュレッダーであれば置き場所はとりません。

Amazonだと1,200円ほどで買う事が出来ます。Step3-1のハサミが面倒な人には特に有効です。

使ってみると、予想以上に簡単で便利ですよ。

余談:職場で「溶解ボックス」がある人は、必ずボックスに捨てるようにしよう

少し話がそれますが、オフィス環境で働いている方は、職場に溶解ボックスは無いでしょうか?

定期的に業者が紙資源を回収に来て、溶かして再利用するシステムです。

溶かすという事はシュレッダーでバラバラにするよりさらに安全ですから、不要な紙資源は溶解ボックスを利用するよう心がけましょう。

郵便物から簡単に個人情報が漏れることを肝に銘じましょう

今回は、個人情報が入った郵便物の捨て方をお伝えしました。

要点まとめ
  • 個人情報は家庭ゴミから簡単に抜き取られる
  • ゴミを捨てるタイミングや袋にも気をつかう
  • 「塗りつぶし」「ハサミ」「シュレッダー」で完璧

あなたの個人情報が漏れるリスクは、日常生活のあらゆる場面に潜んでいます。

今回はゴミ捨てにフォーカスしてお話しましたが、他にも山ほど気を付けるべきポイントは存在します。

セキュリティを守る最強の方法は「意識する事」。

今回の記事もあくまでコツの1つと捉えて、どうしたら自分の身を守れるか、少し意識してみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です