婚活パーティー

婚活パーティーで「差をつけられる」プロフィールの書き方【例文は無視すべき】

婚活パーティープロフィールのイメージ

婚活パーティーのプロフィールって、どう書いたらいいんだろう?」と悩んでいませんか?

特に、自己PR欄がフリーフォーマットの場合、どういう構成で書くのがベストなのか、悩ましいですよね。

最初に言っておきますと、婚活サイトに載っているような、ありきたりな例文を参考にしてはいけません

つる
つる
例文にならうと、みんな同じような書き方になっちゃいますからね。。

そして結論から言うと、下記の通りです。

  • 特長は箇条書き⇒サッとあなたを知ってもらう
  • 相手へのメッセージ⇒二人の未来を想像してもらう

この2段構成がベスト。

僕はこの構成を意識したプロフィールを書くことで、婚活パーティーの時に狙い通りのポイントを拾っていただけてます。狙い通りなので、トークネタに困ることはありません。

この記事では、サッと読んでもらえる、わかりやすいプロフィールの書き方をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

婚活パーティーで「差をつけられる」プロフィールの書き方

プロフィールの記入例
結論は、下記の通りです。

  1. 自分の特長は箇条書きにする
  2. プラスアルファで具体例を盛り込む
  3. 締めに「二人の未来を想像させる」メッセージを添える

婚活パーティーにおいては、お互い色々な人のプロフィールを読むので、1人1人じっくり読む余裕はありません。

なので、サッと自分のことを読み取ってもらえる書き方が重要です。

つる
つる
上記3つの手順で書けば、瞬時に自分のことをわかってもらえるプロフィールが作れますよ♪

1.自分の特長は箇条書きにする

まず、自分の特長を箇条書きにします。

好きなこと・得意なこと・趣味などですね。

例えば僕が使っていたプロフィールだと、下記の通り。

  • 激辛好き
  • ラーメン好き
  • 映画好き
  • 運動大好き
  • 体幹鍛え中
  • 家事全般好き
  • 少し自炊したりもする
  • レーザー脱毛しまくり
  • 相棒は雪肌精

こんな風に並べれば、特長をサーっと把握しやすいですよね(最後の2つは、どうしても盛り上がらないときの防衛線です。こんな「奇をてらう」のは要らないですよw)。

人間は文章を読まない生き物なので、箇条書きにするくらいがちょうどいいです。

ただ、これだけだとまだ少し淡白なので、プラスアルファを加えましょう。

2.プラスアルファで具体例を盛り込む

手順1で挙げた特長に、プラスアルファを加えましょう。

やり方としては、さっき書いた特長の後ろに、具体例などのワンポイントを盛り込みます。

  • 激辛好き(蒙古タンメンとか)
  • ラーメン好き(でも控え中)
  • 映画好き(キングダムめちゃ面白かった!)
  • 運動大好き(普段はランニング)
  • 体幹鍛え中(プランク最高)
  • 家事全般好き(洗濯気持ちイイ)
  • 少し自炊したりもする(ドレス・ド・オムライスが得意)
  • レーザー脱毛しまくり(特にヒゲ)
  • 相棒は雪肌精(日焼けは怖いのです。。)

上記の通り。

具体的なエピソードを書くと、トークテーマとして拾われやすいんですよね。

こんな書き方をすれば、「私も蒙古タンメン好き!」とか「キングダム私も観た!」って感じで、共感ポイントを取りやすいです。

もしくは、「ドレス・ド・オムライスって何?」とか「ヒゲ脱毛してるの!?」って食いついてくれたりもします。

このように具体的に書いておくと、展開されるトークテーマも絞られるので、短い時間で効率よくしゃべることができますよ。

3.締めに「二人の未来を想像させる」メッセージを添える

特長が書けたら、最後に一言だけ、相手に対するメッセージを書きましょう。

婚活パーティーの目的は、結婚相手を見つけることですから、「この人となら、楽しい人生送れるかも?」と思ってもらう必要があります。

具体的に「あなたとこんな風になっていきたい」「こんなことがしたい」というような、二人の生活が想像できるようなメッセージ。

例えば、

  • 一緒にいろんなとこに旅行して、思い出をたくさん作りたいです!
  • 甘いものが好きなので、おいしいスイーツの店教えてください!

上記の感じですね。

特長の箇条書きであなたのことを知ってもらうだけでなく「二人でどうなりたいか」までしっかり伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

婚活サイトのプロフィール例文を参考にしてはいけない理由

禁止事項を強調する画像
この話をすると、「いやいや、婚活サイトが出してるような例文にならった方がいいでしょ」と言われそうです。

ですが残念ながら、例文にならって書いても、ほとんど読まれず、相手の印象に残りません。

理由は下記の通り。

  1. 時間がないので、文章では読まれない
  2. 他の参加者との差別化ができない

サクッと説明しますね。

1.時間がないので、文章では読まれない

婚活パーティーは、プロフィールを文章で書いても読まれません。

大体のパーティーは1人当たりの時間がとても短い(数分程度)ので。

ちなみに例文というのは、こんな感じ。

初めまして、つるです。

僕は学生の頃は野球をやっていて、今も休日にはたまに友人のチームで草野球をしています。
休日は他に映画を観たりするのが好きで、最近はキングダムがとても面白かったです!
お酒を飲むのもけっこう好きで、最近はワインにハマってます。

良い出会いがあればいいなと思い、このパーティーに参加しました。ぜひよろしくお願いします。

あるサイトの例文を、自分用に改変してみました。

・・・どうでしょうか?もちろんちゃんと読めば伝わるとは思いますが。。

これだと、がんばって流し読みして、「野球」「キングダム」「ワイン」あたりを拾って、なんとかトークにつなげる、といったところですね。

ならば、最初から特長は箇条書きにしてしまって、相手へのメッセージだけしっかり書くべきです。

2.他の参加者との差別化ができない

繰り返しになりますが、例文にならって書くと、他の人達と似たようなプロフィールになってしまいます。

印象に残らないと、最後のカップリング希望の時に思い出してもらえないので、カップリングしにくくなりますね。

例えば就活の時、マニュアルに沿って書かれた履歴書ばかりが並んだら、採用担当はどう思うでしょうか?きっとウンザリしますよね。

プロフィールで「お、ちょっと他の人と違うな」と差別化することが大事です。

とはいえ、差別化を狙いすぎて「変な人」にならないように気を付けてくださいね。

例えば僕の場合、「脱毛」とか「雪肌精(日焼け止め)」は、明らかに引いてる人もいましたw

あくまで「この人と一緒になったら楽しそう!」と思ってもらえることが大事。

事前にプロフィールを書いておける婚活パーティーがオススメ

婚活パーティーのイメージ
今回は、婚活パーティーで「差をつけられる」プロフィールの書き方を説明しました。

印象に残るプロフィールの書き方
  • 特長は箇条書き⇒サッとあなたを知ってもらう
  • 相手へのメッセージ⇒二人の未来を想像してもらう

上記の型に則って書けば、金太郎飴のようなコピーじゃない、あなたらしいプロフィールが書けるはず。

婚活パーティーに出向く際は、ぜひ今回紹介した書き方を参考にしてみてください!

なおプロフィールについては、事前記入できる形式と、当日その場で書く形式がありますが、事前に書いておけるパーティーが圧倒的にオススメです。

つる
つる
紙に書く形式だと、話している時しか相手のプロフィールを見られないので、相手の特長を覚えられません!

その点、スマホやタブレットを使うパーティーは、何回でも相手のプロフィールを見られるのが利点です。

例えばPARTY☆PARTYが主催するスマホdeパーティーや個室iPartyなんかが良いですね。

スマホdeパーティーの体験談もありますので、合わせて読んでみてください。

スマホdeパーティーのトップ画像
【33歳男】スマホdeパーティーに参加した感想は「普通にアリ」【PARTY☆PARTY】「PARTY☆PARTYのスマホdeパーティーってどんな感じなんだろう?」と思っているあなたに、僕が実際に参加してみた感想をお伝えします。相手のプロフィールをじっくり見ることができるので、焦らずに相手の女性を選べる、オススメなパーティーですね!...

--以上!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です